スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

Xシャーシ用の自作GUP

Xシャーシ用に製作した部品のまとめです. この記事では,これまでに製作したXシャーシ用の部品に関してまとめました.主にAパーツや駆動軸の支持・補強のために作ったもので,これらの部品を使う理由などは別の記事(気をつけていること)にまとめていますので興味のある方は合わせてご覧ください. ・プロペラシャフト周り(スイッチ側) 下の写真の左が正転シャーシ用,右が逆転シャーシ用の部品です.
左の正転シャーシ用の部品は「ARシャーシカーボンフロントワイドステー」から切り出したもので,Aパーツの柱が入るところにビスを通して取り付けています.またこの部品は,クリアボディの端材を取りつけられるようにスリットとズレ防止のための柱をたてています.
逆転シャーシ用の部品は主に1.5mm厚のカーボンステーの端材を組み合わせて作りました.ビスで固定する側にはシャーシ側に若干段差があるため,薄くしたカーボンプレートを貼り付けてシャーシにフィットするようにしています.(紹介記事
・プロペラシャフト周り(モーター側) 下の写真にある2つの部品は両方とも逆転シャーシ用の部品です.
左の部品は3mm厚のカーボンステーから削り出したもので,シャーシに取り付ける穴の内側にはナットが収まるように座ぐりをしています.
もう一つの部品はプロペラシャフトを直接抑えるような構造になっており,1.5mmと3mmのカーボンステーを組み合わせて製作しています.この部品は,Aパーツの柱が入るところに通したビスでの固定とシャーシ側面に引っ掛ける事で負荷がかかっても浮かないようにしています. また,これだけだと水平方向に回転する事もあったため,内側にシャーシに引っかかるような突起を設けています.
・カウンターギア周り こちらは正転シャーシ用の部分です.
左の部品はAパーツを支えるためのもので,下の写真位置で使用しています. この部品は,1.5mm厚のカーボンステーの端材を2枚使用し,間に大きい方のワッシャーを挟むとちょうど良い厚さになります.また,この部品の下側のプレートは下の写真の白で塗った箇所に渡すような形状にすることで,スペーサーなどを使わずに取り付けてます. また,上の写真は流用性を考えて1つの部品にしたものですが,下側のプレートとワッシャーだけシャーシに接着しておけばS2シャーシのワンロックギアカバーのように…
最近の投稿

公式大会での持ち物

公式大会での持ち物をまとめました.

タミヤが主催する公式大会に参加するにあたり,身軽に行動したかったので持ち物を必要最低限のものに絞ってみました.大まかには以下のような感じです.

・マシンケース:Joseph Joseph 「GoEat 2-in-1 ランチボックス」
・工具入れ:リヒトラブ 「SMART FIT ACTACT コンパクトペンケース」
・部品ケース:メイホウ 「VS-318DD」
・電池ケース:Storacell 「12AA Pack Battery Caddy」
・ストップウォッチ:シチズン 「ストップウォッチ069」
・エントリーシール入れ:A6サイズのクリアフォルダ
・放電器:ミニ四駆オートディスチャーの加工品

この記事では,上記の中からいくつか紹介していきます.
・マシンケース マシンケースは,Joseph Josephの「GoEat 2-in-1 ランチボックス」を使用しています.

内寸は下の写真のようにマシン1台が無理なく入るサイズです.多少動くので心配な方はクッションなどを周囲に貼り付けてもいいかと思います.また,このお弁当箱はもう一層入れた状態で使うため,それなしの状態だとフタのシリコンが落ちてしまいますが,100円均一などにも売っている防音用のクッションをすき間に挟んでおけば簡単には落ちないようになります.


・工具入れ 工具は筆箱に入れて持ち運んでおり,2枚目の写真が入れている工具一式です.また,2枚目の写真にあるスラダングリスの入れ物の内,ステッカーのないものにはセラグリスHGが入っています.
ここで注意したのは,飛行機での遠征時に手荷物で持ち込みたかったため,カッター類は入れず,ドライバーの長さとピンセット・はさみの先端の形状などが手荷物検査でに引っかからないようなものを選びました.(外部リンク:国土交通省,機内持込・お預け手荷物における危険物について

・部品ケース 部品ケースは釣り用の小物ケースを使用して,小分けにして収納しています.上段にはビス・ナット類,ギア,マスダンパー,ローラーを入れ,下段にモーター,タイヤ,シャフト類,ブレーキを入れています.また,モーターは ミニ四モーターケースから切り取った土台を使うことで中で端子が潰れたりしないようにしました.

・電池ケース 電池ケースはStoracellの「12AA Pac…

黒ABS SXX/F提灯 (1710)

5レーンのコース用に作成したマシンの紹介です.

公式大会だけでなくお店でも5レーンのコースを設置している場所が増えてきたので,そこで走らせられるように製作した1台です.

シャーシの全容は以下の写真の通りです.基本的な構造は3レーン用に製作した正転車と変わりませんが,主に壁面の段差対策で前後共にスライドダンパー&19mmローラーの構成になっています.また,タイヤ径は23.6mm程で,前にローフリクションタイヤ,後ろにスーパーハードタイヤを使用しています.


フロントの構造は,市販されているスライドダンパー用カーボンステーを使用できるように,以下のような構成としています.バンパーの土台にはリヤカーボンステー(3mm)を加工したもので,底面を斜めに削ってブレーキプレートも兼ねています.この高さだと23.5mm程の径でも厚さ2mmのブレーキをバンクセクションに触れない位置に貼ることが可能です.

スライドダンパー用カーボンステーはローラー位置の都合でリア用の物を使用しており,ローラーのスラスト角は貼り付けたカーボンに傾斜をつけることで調整しています.

リアの構成は以下の写真の通りで,カーボンマルチワイドリアステーを土台に市販のスライドダンパー用カーボンステー(リア)を使用しています.また,コースへの引っ掛かりを防止するために,ARカーボンフロントワイドステーを加工したものをスライドダンパーと同じネジに取り付けています.

リアの付根は,キットに付属するリヤステーの根元を接着したり,リアカーボンステー(3mm)から自作した3点止めを使って強度を確保しています.根元の補強はFM車だと破損することがあったため行いましたが,正転車だと経験はないので不要かもしれません.


リアのマスダンは,ブレーキプレートに固定しているねじを軸としたものに加えて,ミニ四キャッチャーを使用したものを取り付けています.3レーンでの使用感だと,重量を増やすと前傾姿勢になるような傾向が見られたので姿勢の調整用に取り付けてみました.

提灯はこの記事で紹介した物とほぼ同じ構造で,前方にマスダンを吊るす方式にしています.構造的には下からマスダン軸を立てる方式も可能ですが,重心が高い方が提灯が開きやすそうだったので今回はこの方式を採用しました.


また,フロントとカウンター脇,モータ下のAパーツを支持する部品を追加…